「お金ない!」債務整理の費用が払えない人はどうすればいい?

返しきれない借金で苦しんでいるのに、「お金ないから債務整理なんて無理だ」と思ってしまっていませんか?

実は、お金がない人は法テラスで債務整理の費用を立て替えてもらえば、割安で後払いの分割払いにすることができるのです。

また、もともと債務整理の費用はお金がない人でも払いやすいようになっています。

「債務整理したいけどお金ない!」そんな時は法テラスを利用しよう

法テラスとは、お金がない人も法的なサービスを受けられるようにすることを目的とした、国の公的な法人です。

法テラスでは、目安として月収18万円以下・財産180万円以下の人を対象として、無料法律相談や債務整理費用の立て替えといったサービスを提供しています。

※世帯の人数や住んでいる地域によって収入・財産の条件が変わります。

法テラスで債務整理費用を立て替えてもらえば、ふつうに法律事務所へ依頼した場合よりも費用が安く済み、立て替えてもらった費用は毎月1万円など無理のない範囲で後払いの分割払いにできます。

直接法テラスに債務整理を依頼すると弁護士は選べないですが、自分で選んだ弁護士に依頼したい場合は、「持ち込み方式」にする方法があります。

持ち込み方式とは、先に弁護士事務所へ相談に行き、弁護士事務所を通して法テラスの立て替えサービスを利用する方法のことです。

法テラスと契約している弁護士事務所であれば、「持ち込み方式で法テラスを利用したい」と伝えることで、手続きを取ってもらえるはずです。

債務整理の費用はお金がない人でも払いやすくなっている

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、お金を借りた会社に債務整理の開始を知らせる「受任通知」が送られます。

受任通知を受け取ったら債務整理が完了するまで督促をしてはいけないことになっているので、借金の返済が一時的にストップします。

その間に、債務整理の費用を分割払いで支払うことができるのです。

なお、分割払いは一般的に612回払いとなることが多いですが、支払いが厳しい事情がある場合は融通を聞かせてくれる法律事務所も多いので、一度相談してみることをおすすめします。

まとめ

債務整理をしたいけどお金がない人は、法テラスを利用して債務整理の費用を割安で立て替えてもらうという方法があります。

また、債務整理を弁護士事務所や司法書士に依頼すると、受任通知の効果で借金の返済が一時的に止まるので、その期間に分割払いで費用を支払うことができます。

債務整理の選び方とは?メリット・デメリットを踏まえて解説!

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があるので、「債務整理の選び方がわからない」という人は少なくないと思います。

債務整理の選び方としては、なるべく小さいデメリットで大きいメリットを受けられるように選ぶのがポイントです。

メリット・デメリットを踏まえた債務整理の選び方

債務整理を選ぶときは、まず最もデメリットが小さい任意整理ができるかどうかを確認します。

任意整理とは、利息や遅延損害金を0円にしたうえで、返済期間を60回払い程度に調整することで、毎月の負担を大幅に減らせる債務整理です。

任意整理は約5年間以下の5つの制限を受けるというデメリットしかなく、費用も個人再生や自己破産よりずっと安いので、最も利用する人が多くなっています。

・クレジットカードが使えない

・借金ができない(ローン、キャッシングなど)

・借金の保証人になれない

・分割払いができない

・信販系の家賃保証会社が利用しづらくなる

任意整理を選べるのは、元本を60で割った金額を毎月返済できる人です。

借金額が120万円なら毎月2万円、借金額が300万円なら毎月5万円を返済できれば、任意整理は十分可能です。

借金額が大きすぎて任意整理では厳しい場合、次は個人再生ができるかどうかを検討します。

個人再生は借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、35年で返済する債務整理ですが、個人再生をするには安定した収入が継続的に得られるという条件を満たしていなければなりません。

収入が足りなくて任意整理や個人再生ができない人は、自己破産を選ぶことになります。

自己破産は財産を処分する代わりに借金をなくしてもらえる債務整理ですが、99万円以下の現金と家具家電などの生活必需品は残せるので、一文無しにはなりません。

選び方を知らなくても債務整理はできる!

債務整理の選び方を簡単に説明すると上記のようになりますが、実は弁護士や司法書士に依頼するなら、債務整理の選び方を知らなくても問題なく借金を減らせます。

弁護士・司法書士は、本人の収入・借金額・その他の状況を把握できれば、どの債務整理をするべきか教えてくれます。

最適な債務整理を選んでもらうためには自分の状況を正確に伝えることが大切ですので、相談に行くときは通帳のコピー・給与明細・借金の取引明細といった資料を持っていくといいですよ。

まとめ

債務整理の選び方としては、まずデメリットの少ない任意整理ができるかどうかをチェックします。

借金額が大きすぎて任意整理できない場合は、元本を減額してもらえる個人再生を検討します。

個人再生は安定した十分な収入がなければできないので、厳しい人は自己破産をすることになります。

なお、債務整理の選び方がわからなくても、法律事務所へ相談に行けば教えてもらえるので大丈夫ですよ。

 

静岡で債務整理に強い司法書士はこちら

債務整理には委任状が必要!書式はどうすればいい?

債務整理で借金を減額したいと思った時に、「債務整理には委任状が必要」という情報を目にして戸惑う人は少なくありません。

確かに、債務整理には委任状が必要になりますが、書式は自分で用意しなくてOKです。

ほとんどの場合、法律事務所が用意してくれる書式に氏名を記入して印鑑を押すだけで大丈夫です。

債務整理には委任状が必要!その理由とは?

債務整理に委任状が必要なのは、弁護士や司法書士があなたの代理人となれるよう、法的に権利を与える必要があるからです。

弁護士や司法書士であっても、あなたから正式な同意をもらわずに債務整理をすることはできません。

委任状という形で正式に権利をもらって、はじめてあなたのために債務整理をすることが可能になるのです。

委任状がないとできない行為としては、以下のようなものがあります。

・「受任通知」の送付

・借金に関する情報の開示請求

・任意整理のための交渉と和解

・裁判所での手続き

受任通知とは、債務整理を始めるということを相手先の会社に伝える通知で、受け取った側は債務整理が終わるまで督促をしてはいけないことになっています。

つまり、委任状を早く出すことができれば、そのぶん早く借金の督促を止められるということです。

上記は委任状がないとできない行為の一例にすぎませんが、どれも債務整理には必要不可欠な行為なので、委任状がどれだけ重要かわかっていただけるのではないかと思います。

債務整理で使う委任状の書式はどうすればいい?

法律事務所に債務整理を依頼する場合、委任状の書式は法律事務所が用意してくれます。

委任状には以下のような内容を記載することになります。

  1. 債務整理をする本人の氏名と印鑑
  2. 弁護士や司法書士の名前と所属する弁護士会・司法書士会
  3. 相手先の会社名または管轄の裁判所名
  4. 委任する内容

このうち、24の項目は法律事務所のほうで記載してもらえることがほとんどです。

つまり、債務整理をする本人は、自分の氏名を記入して印鑑を押すだけでOKなのです。

委任状は法律事務所へ無料相談に行った当日に作ることもできるので、無料相談のときは印鑑を忘れずに持っていってください。

まとめ

委任状とは、弁護士や司法書士にあなたの代理人となる権利を正式に与えるために必要な書類で、委任状がないと債務整理に必要な手続きのほとんどができません。

借金の督促を止める効果のある受任通知も委任状がないと送付できないので、委任状を早く提出できればそれだけ早く借金の支払いがストップするということです。

なお、委任状の書式は法律事務所が用意してくれますので、本人は氏名を記入して印鑑を押すだけでOKです。

債務整理の費用を後払いにするには?割安にする方法も!

借金の返済が苦しくて債務整理をしたいと思っている人は、お金の余裕がないことが多いと思います。

実は、債務整理の費用は後払いで無理なく支払うことができます。

また、「法テラス」を通して債務整理をすれば、費用を割安で立て替えてもらい、後払いにすることができます。

債務整理の費用を後払いにしてくれる法律事務所は多い

債務整理を専門としている弁護士事務所や司法書士事務所は、依頼主にお金がないことを理解しているので、費用を後払いにしてくれるところがたくさんあります。

また、法律事務所に債務整理を依頼すると、債務整理の開始を知らせる「受任通知」を送ってもらえます。

受任通知を受け取ったら督促をしてはいけないという決まりがあるので、債務整理が終わるまでは借金の返済が一時的にストップします。

その間に債務整理の費用を分割払いで支払うことができるので、後払いにしなくても大丈夫な場合も多いのです。

債務整理費の費用を分割払いにすると612回払いになるのが一般的ですが、それでも支払いが厳しい事情がある場合は、法律事務所側も柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

「法テラス」なら債務整理の費用を割安で後払いにできる

月収18万円以下・財産180万円以下の人であれば、国の法人である「法テラス」を利用することで、債務整理の費用を割安で後払いにしてもらえます。

法テラスとは、お金がない人も法的なサービスを受けられるようにすることを目的としている国の公的な法人で、借金で悩んでいる人には無料法律相談や債務整理費用の立て替えといったサービスを提供しています。

法テラスで債務整理の費用を立て替えてもらうと、普通に法律事務所へ依頼した時よりも費用を安く抑えることができます

その後、立て替えてもらった債務整理の費用を、毎月1万円ずつなど無理のない範囲の分割払いで支払っていくことになります。

法テラスを利用する場合、直接法テラスに債務整理を依頼すると弁護士を自分で選ぶことができません。

自分で選んだ弁護士に依頼したい場合は、法テラスに行く前に弁護事務所へ相談してください。

法テラスと契約している弁護士事務所であれば、その弁護士事務所に依頼しつつ法テラスに債務整理費用を立て替えてもらえるよう、手続きをとってくれます。

まとめ

法律事務所の中には、債務整理の費用を後払いにしてくれるところがたくさんあります。

また、債務整理の手続き中は受任通知の効果で督促が止まるので、その間に分割払いで費用を支払うこともできます。

それでもお金に不安がある場合は、法テラスを利用すれば、債務整理の費用を割安で立て替えてもらえます。

法テラスに直接債務整理を依頼すると弁護士を選べませんが、先に法律事務所へ相談してから法テラスを利用すれば、自分で選んだ弁護士に依頼しつつ費用の立て替えを受けられます。