自己破産の流れとは?弁護士への相談から免責確定まで

借金の返済が滞っている。返済できる見込みがもうない。借金の恐怖で夜も眠れない。そんな借金によるあなたの不安や悩みは、弁護士に相談することでスッキリ解決します。今の借金まみれの暮らしをリセットし、希望に満ちた新しい人生をスタートさせる債務整理のひとつとして、自己破産という方法があるのはご存じですか。誰しも一度は耳にしたことがあるであろう自己破産ですが、その内容や手続き方法を聞かれたらどうでしょう?今回は、借金返済に悩んでいるあなたに役立つ「自己破産」の仕組みや流れを紹介します。

債務整理の中のひとつの方法。

債務整理は、借金で苦しんでいる人を救うための救世主。法律で認められている救済制度です。借金の減額や円滑に借金の返済をするため、債務整理では、「任意整理」「自己破産」「特定調停」「個人再生」の4つの方法があります。専門的な知識を持っている弁護士に相談すれば、今のあなたに適した債務整理の方法を見つけ出すことができます。債務整理の中でも自己破産は、最終手段とも言われていますが、実際に、どんな人が自己破産をするのでしょうか。もし仮に、毎月決まった収入がなくて一定額の借金を返済できないと感じたら、自己破産という方法は、借金問題解決へと導く糸口になることでしょう。

すべてがゼロになる自己破産。

簡単にお話すると、自己破産は借金が多すぎて返済できない場合、自分の持っている財産をお金に交換して借金を返済しますが、それでも足りない借金を免除する方法です。返済できずに残ってしまった借金の支払い義務を免除する方法を「免責」といい、支払いが不可能と裁判所に認められ免責確定すると、支払わなければならない借金が無くなります。債務整理の中でも借金をゼロにできる夢のような自己破産は、借金で苦しんでいる人には大きなメリットです。

専門的なアドバイスをもらるために

自己破産をするには、弁護士に相談するのが一番です。自己破産は裁判所の手続きが必要となるため個人ですることは難しく、専門家の知識が必要です。自己破産の対象になる人は、現在持っている資産や財産だけでは借金を完済することができない人。例えば、借金の総額が300万円で月収が10万円以下の場合、完済するのは極めて難しい。そんな人が自己破産の申請を行い、支払い不能の状態と裁判所が認めれば、自己破産が成立します。もう借金を払う必要がなくなるのです。弁護士事務所に相談となると、なかなか勇気が出てこない人でも思い立った時に電話やメールですぐに相談できる時代です。自己破産の手続きを行うことで、債権者に通知が届き、あなたを苦しめている債権者からの取立てもストップします。ほんの少しの勇気で、生活が劇的に変化すると思いませんか。

免責確定までの流れ

自己破産の目的は、免責を確定させることです。弁護士事務所を通して、自己破産を申し立てが裁判所に受理されると、約1~2ヶ月後に審尋期日が指定されます。審尋では、支払い不能になった理由などを裁判管から口頭で質問されます。無事に審尋が終了すると「同時廃止事件」又は「管財事件」の手続き方法が決定し、破産が確定します。その後、各地方裁判所によって異なりますが、約1~2ヶ月後に、免責審尋期日の連絡がきます。免責の審尋の期日では、通知を受けた債権者が異議申し立てをする機会を与えられますが、抗告がなければ免責許可決定が出され、国が発行している官報に掲載された後に、免責が確定する流れになっています。

免責が認められない場合もある

自己破産は、「破産」と「免責」が認められると解決します。しかし、申し立てが受理されてもギャンブルやショッピングなどで借金をしていたり、所有している財産を隠したり、資産状況から返済できると判断された場合、却下される可能性があります。免責が認められないことを「免責不許可事由」といいます。

手続き方法は2種類。

免責を確定させるための自己破産の手続き方法は、大きく分けると「同時廃止事件」と「管財事件」の2種類があります。同時廃止事件は、手続き期間が2ヶ月~遅くても半年ほどで自己破産の免責が確定し、費用も少額。一定の価値のある財産を持っていない場合に適用されます。管財事件は、一定の価値ある財産を持っている場合で、破産管財人が選任されるため長い時間と高額な費用が必要です。手続き中は、逃げたりしないよう身柄を拘束することもでき、行動にも制限がかかります。個人が破産する場合、財産を所有していない場合がほとんどなので、約9割は同時廃止事件として扱われています。

自己破産のメリット。

一番のメリットは、ほぼすべての借金が帳消しになることでしょう。支払う必要がなくなるのです。弁護士から債務整理が始まることを知らせる受任通知を受け、債務者からの取立ても無くなります。さらに、同時廃止事件の場合は、最短で免責が確定でき、心の平和を取り戻す時間が生まれます。つまり、返済や取立ての恐怖から解放され、今後の人生プランを一から立て直すことができるようになります。また、自己破産をしても、生活に関わるすべての物を失うこともありません。まっさらな裸一貫の状態ではなく、99万円以下の必要最低限の財産は、自由財産として所有が認められるため生活に欠かせないものは自分の手元に残すことができます。

デメリットも考慮して。

デメリットの中でも忘れてはいけないのが、あなたの借金が無くなっても連帯保証人の債務は自動的にゼロにはならないことです。自己破産が成立すると、債権者は連帯保証人に取り立てを行ったり、原則連帯保証人は一括で債務を返済しなければならず、連帯保証人も自己破産などの債務整理の手続きをとらなければならないケースがよくあります。自己破産をする前に連帯保証人がいる場合は、しっかりと話し合うべきです。また、約5~10年はブラックリストに掲載されるため、クレジットやローンも組めなくなります。官報にも住所や氏名が記載されるので、秘密にすることができず家族や勤務先に自己破産していることを知られてしまう可能性もあります。万が一、また同じように借金を作ってしまった場合、免責許可を受けた後の7年間は自己破産することができないため、再び長期間借金で苦しむことになってしまうのです。

まとめ

自己破産をしてしまったら、もう自分の人生もおしまいだ。なんて思うことはありません。自分だけで解決しようと力む必要はありません。その悩んでいる時間とお金と労力は、違う形で残せます。あなたの人生を再スタートさせるきっかけに、背中を押してくれる方法のひとつが自己破産です。今こうして悩んでいる間にもあなたの利息や遅延損害金は積もり積もっていきます。一刻も早く弁護士に相談し、国が認めている救済手段を利用してベストな方法で借金問題を解決していきましょう。あなたを助けてくれる弁護士は、必ずいます。

・自己破産は、債務整理のひとつの方法。

・今ある借金がゼロに可能性がある。

・自己破産する近道は、弁護士に相談すること。

・免責確定するまでにはそれなりに道のりがある

・免責不許可事由で認められない場合もある。

・持っている財産の価値によって手続き方法が分かれる。

・メリットもあれば、デメリットもあるので自己破産は慎重に。