任意整理のデメリットはたった2つ!解決方法も紹介

借金問題を解決する手段を探しているうちに任意整理について知った人にとって、任意整理にどのようなデメリットがあるのか、という点は気になるところでしょう。

任意整理の大きなデメリットは、ブラックリストに載って特定の取引に制限を受けることと、収入が少ないと任意整理自体ができないことの2つだけです。

任意整理最大のデメリットはブラックリストに載ること

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といったお金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」というところに任意整理の情報が登録されます。

この状態は一般的に「ブラックリストに載る」とよばれているのですが、ブラックリストに載るとクレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングなどでの借金、分割払いでモノを買うこと、借金の保証人になること、家を借りるときに信販系とよばれる保証会社を利用することができなくなります。

ただ、任意整理でブラックリストに載る期間は5で、この期間が過ぎればブラックリストは解除され、元のように取引ができるようになります。

ブラックリストに載っているときに最も不便なのはクレジットカードが使えないということだと思いますが、デビットカードやプリペイドカードを作っておくことで、不便さをかなり軽減することは可能です。

デビットカードは支払いをすると即座にお金が引き落とされるカード、プリペイドカードはSUICAWAONのようにあらかじめチャージしておいた金額の範囲内で支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBなどのブランドのものがあるので、クレジットカードと近い使用感で使うことができます。

収入が十分でないと任意整理できないというデメリットもある

任意整理をするには、利息なしの元本を60回程度の分割払いで返済していけるだけの収入が必要不可欠になります。

例えば、借金額が120万円の人なら、毎月2万円を返済に回せるだけの十分な収入を確保する必要があるということです。

なお、借金額が大きすぎたり、収入が十分でなかったりして任意整理ができないという人は、任意整理と同じく借金減額のための正式な手続きである「個人再生」や「自己破産」を検討することをおすすめします。

まとめ

任意整理をするとブラックリストに載ってクレジットカードの利用など一部の取引ができなくなるというデメリットがありますが、約5年でブラックリストは解除され、元のように取引ができるようになります。

また、元本を60で割った金額を毎月返済できるだけの収入が無い人は任意整理自体ができないというデメリットもあります。