任意整理の流れと本人がやることをわかりやすく説明

任意整理は利息や遅延損害金のせいで借金が完済できない人にとってとても役に立つ手続きですが、手続きの流れとしては非常にシンプルで簡単にできます。

ここでは、任意整理の手続きの流れを簡単に説明し、本人がやらなければならないことについてまとめていきます。

任意整理の流れは非常にシンプル

任意整理の流れとしては、まず弁護士事務所や司法書士事務所に行って事前相談をします。

任意整理が最適だろうということになったら、委任契約を結んで任意整理を正式に依頼します。

契約を結んだら、弁護士や司法書士がお金を借りた会社へ「受任通知」を送り、任意整理が開始されることを知らせます。また、同時に取引履歴の開示請求も行い、過去の取引に関すデータを提供してもらいます。

その後、弁護士や司法書士が「引き直し計算」を行い、正確な借金総額と利息の総額を計算します。その結果をもとにして、交渉が開始されます。話し合いによる交渉で決着できない場合は、裁判になる場合もあります。

弁護士や司法書士と会社側との交渉が終わると、和解した条件での返済が開始されます。

任意整理の流れの中で本人がやることはこれだけ

債務整理の流れの中で本人がやらなければならないことは、まず弁護士事務所か司法書士事務所を探して事前相談に行くことです。

相談の後は委任契約を結ぶことになりますので、あらかじめ身分証明書・印鑑・住民票・通帳のコピー・給与明細といった持ち物を用意しておきましょう。借金の契約書や取引明細もあるとなおいいです。

本人がやらなければならないのはここまでで、あとは返済が実際に始まるまで待っているだけで大丈夫です。

任意整理の流れの中には借金の督促を止める効果も

任意整理の流れの中で受任通知というものが送付されますが、受任通知には借金の督促を止める効果があるため、任意整理の手続き中は借金の返済が一時的にストップします。

この期間に任意整理の費用を支払ったり、返済のための積立をしたりできるので、うまく利用してください。

まとめ

任意整理の流れとしては、法律事務所での相談、委任契約の締結、受任通知の送付、引き直し計算、交渉・和解、返済開始といった感じになります。

この中で本人が行わなければならないのは、法律事務所を選ぶことと相談に行くこと、委任契約を結ぶこと、返済の4つだけです。他のことは弁護士や司法書士に任せて、待っているだけで大丈夫です。

また、任意整理の流れの中で送られる受任通知には督促を止める効果があるため、返済が止まっている期間を利用して任意整理の費用を支払ったり積立をしたりできます。