任意整理後はクレジットカードの更新ができない

「任意整理をするとクレジットカードが使えなくなる」という話を見聞きしたことがある人の中には、「任意整理後も今持っているクレジットカードは更新できるのだろうか」という疑問を持っている人も少なからずいると思います。

結論から言うと、今持っているクレジットカードを任意整理後に更新することは難しいです。

ここでは、任意整理後にクレジットカードが更新できなくなる仕組みを説明した上で、クレジットカードの代わりとして使える2種類のカードを紹介します。

任意整理後にクレジットカードが更新できなくなる仕組み

任意整理をすると、カード会社などお金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」に「この人はカードの支払いができずに任意整理をした」という情報が登録されて、いわゆるブラックリストに載った状態になります。

信用情報機関に加盟している会社は、相手の支払能力や返済能力をチェックするためであれば、信用情報機関の情報を見ることができます。

そのため、任意整理の対象とした会社以外の会社であっても、いずれは任意整理の情報が伝わることになります。

カード会社も例外ではないので、クレジットカードの更新時に信用情報機関の情報が確認され、任意整理の情報があるため更新ができなくなる、という結果になる可能性が非常に高いです。

クレジットカードの更新ができない期間でも使える2種類のカード

任意整理の後は、今持っているクレジットカードが更新などのタイミングで使えなくなるので、クレジットカードの代わりに使えるデビットカードプリペイドカードを作っておくと非常に楽です。

デビットカードは支払いをするとすぐに口座から代金が引き落とされるカードで、プリペイドカードは事前にチャージしておいた金額の中から支払いができるカードです。

どちらも分割払いやリボ払いには対応していませんが、VISAJCBなどの有名ブランドのものがあるので、クレジットカードが更新できない期間に代わりとして使うと便利です。

まとめ

任意整理をすると、会社側からカード会社などが加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が伝えられます。

カード会社はクレジットカードの更新時などに信用情報機関の情報をチェックするので、任意整理の後はクレジットカードの更新ができなくなります。

クレジットカードの更新ができない期間は、デビットカードやプリペイドカードを作っておくと、クレジットカードの代わりに支払いができるので便利です。