携帯料金も任意整理できる!2つのポイントで解説

携帯料金の支払いが厳しくて家計が圧迫されている場合や、携帯料金を滞納してしまって遅延損害金が付いている場合は、携帯料金を任意整理することで、家計に余裕を取り戻すことができます。

ここでは、携帯料金の任意整理について、2つのポイントで解説していきます。

携帯料金は任意整理することができる

任意整理では利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)が可能ですが、携帯料金も任意整理で分割払いにしてもらったり、遅延損害金を0円にしてもらったりできます

携帯料金が払えないという人の中には、ゲーム内課金やネットショッピングのキャリア決済で支払いが高額になっている人も多いことでしょう。

例えば、携帯ゲームのガチャにはまってしまい、携帯料金として60万円の請求が来ているとします。

任意整理をすると支払いを60回払い程度の分割払いにしてもらえるので、この場合は毎月1万円ずつ支払えばOK、ということになります。

また、携帯料金を滞納してしまって遅延損害金がたくさんついている場合も、任意整理をすることで遅延損害金を全額カットしてもらうことが可能です。

携帯料金を任意整理すると携帯電話が使えなくなる

携帯料金を任意整理の対象にした場合、その携帯電話は使うことができなくなるので、その点には注意してください。

任意整理では、整理の対象に含める支払いや借金を自由に選ぶことができます。

携帯料金の支払いが苦しい理由が、「他社からの借金を返済しなければならないから」である場合は、他社の借金を任意整理して家計に余裕を作り、携帯料金を支払うといったことも可能なわけです。

携帯料金に未払いがあると携帯電話は使用できませんが、他社の借金を任意整理すれば携帯料金が払いきれる、という人は、携帯料金を対象に含めずに任意整理をするとよいでしょう。

まとめ

携帯料金の支払いが苦しい場合は、任意整理をすることで家計に余裕を取り戻すことができます。

ゲーム内課金やネットショッピングなどのキャリア決済も含め、携帯料金は任意整理で60回払い程度の分割払いにしてもらうことが可能です。

また、携帯料金を滞納してしまって多額の遅延損害金が付いている場合でも、任意整理をすれば遅延損害金を全額カットしてもらえます。

ただし、携帯料金を任意整理すると、その携帯電話は使えなくなります。

他社からの借金の返済が負担で携帯料金が払えない人は、携帯料金を対象から外して、他社の借金だけ任意整理するという手もあります。