任意整理とは?最も安く借金問題を解決できる債務整理の手続き

借金の返済ができなくて困っている人にぜひ知ってほしいのが、「任意整理」という手続きです。

ここでは、最も安く簡単にできる借金問題解決の手続きである「任意整理」とはどのようなものかを簡単にまとめていきます。

そもそも任意整理とは一体何?

任意整理とは、国が認めた借金問題解決のための正式な手続きの一つで、弁護士や司法書士に自分の代理人となってもらい、お金を借りた会社と交渉して利息の全額カット返済期間の延長(60回払い程度)といった条件で和解することを目的としています。

本人がやることになる手続き自体はとても簡単で、弁護士事務所や司法書士事務所に電話連絡して事前相談の予約をとり、相談の後で委任契約を結ぶだけです。

契約成立後は本人がしなければならないことは特になく、待っているだけで借金問題を解決できます。

任意整理で減らせる借金額とはどのくらい?

例えば、みずほ銀行から90万円、イオンカードから20万円、レイクから60万円の合計170万円を借金している人の場合、一般的な例だと利息を含めて毎月約61000を返済し続けることになり、最終的に返済する金額は総額221万円程度になります。

しかし、任意整理をすると利息の約51万円は全額カットしてもらうことができ、返済期間も延長してもらえるので、毎月の返済額は3万円以下まで抑えることが可能です。

任意整理では返済期間が60回払い程度になることが多いので、利息を含めない借金額を60で割った金額を毎月返済していくことができるようであれば、借金問題を任意整理で解決することが可能だというわけです。

任意整理のデメリットとは?

任意整理のデメリットとしては、「ブラックリストに載る」という点があげられます。

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録されるのですが、この状態を一般的に「ブラックリストに載る」といいます。

任意整理でブラックリストに載る期間は5年間で、この期間はクレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングなどでの借金、分割払いでモノを買うことなどができなくなります

こうした制限は、約5年が経過して信用情報機関から任意整理の情報が削除されれば解除され、元のように取引ができるようになります。

まとめ

任意整理とは、国に認められた正式な借金解決の手続きであり、弁護士や司法書士に依頼することで利息の全額カットや返済期間の延長を可能にしてくれます。

ただし、任意整理をするとブラックリストに載るため、クレジットカードの利用・作成など特定の取引ができなくなる制限を約5年間受けることになります。

千葉で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)に強い弁護士