任意整理と個人再生の違いは?自分に最適な手続きで借金減額

このページを見ている人の中には、借金減額の方法を探しているうちに任意整理や個人再生という手続きを見つけて、違いが知りたいと思っている人が多くいると思います。

任意整理と個人再生の違いを一言で言うと、減額できる借金額がかなり違います。

そのため、任意整理は借金額に対して収入が多くある人が選び、個人再生は安定した収入があるけれども借金返済にはまったく足りないという人が選ぶことが多いです。

任意整理と個人再生の借金減額効果を比較

任意整理とは、弁護士や司法書士を代理人として銀行・クレジットカード会社・消費者金融と交渉し、利息の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)で和解する手続きです。

任意整理の場合、借金減額効果としては利息のカットのみですので、借金額が高額になってくると返済は苦しくなります。

例えば、300万円の借金がある場合、元本の300万円を60回払いで返済するとなると、毎月5万円を支払わなければなりません。

一方、個人再生は裁判所を通して手続きをすることで、元本を大幅に減額してもらい、それを35年かけて返済していくという流れになります。

個人再生なら元本を一定額減らしてもらうことが可能ですので、借金額が高額であっても返済できる可能性があるのです。

300万円の借金の例でいうと、個人再生なら元本を100万円まで減額してもらうことが可能なので、毎月の返済額は約17000円~27000円で済みます。

任意整理と個人再生のデメリットを比較

任意整理のデメリットとしては、5年間ブラックリストに載ることでクレジットカードの利用・作成やローン・キャッシングでの借金などができなくなるというものがあります。

個人再生のデメリットとしては、上述のブラックリストが約510年間続くこと、保証人付きの借金があると保証人に請求がいって迷惑がかかること、同居している家族に内緒で行うのは難しいということなどがあります。

つまり、任意整理は借金減額効果が小さいけれどもデメリットが少なく、個人再生は借金減額効果が大きいけれどもデメリットが多いということです。

ですので、自分の収入や借金額に応じて、適したほうを選ぶことが重要であるといえます。

まとめ

任意整理は借金減額効果としては利息のカットのみですが、デメリットは約5年間ブラックリストに載ることだけなので、手軽にできます。

個人再生は借金の元本を大幅に減額できるというメリットがありますが、約510年間のブラックリストに加えて、保証人に迷惑がかかることや同居の家族にバレてしまうことなどのデメリットがあります。

任意整理とおまとめローンはどちらがいいの?違いを徹底比較

借金返済の方法について調べている人の中には、「任意整理」と「おまとめローン」という2つの方法を見つけて、どちらがいいのか迷っている人もいると思います。

任意整理は国が認めた借金減額の正式な方法で、確実に借金を減らすことができます。

一方、おまとめローンは銀行などが提案している金融商品の一つで、借金を減らすというよりは支払いを一本化するために使えるものです。

任意整理とおまとめローンのメリットを比較

任意整理とは、弁護士や司法書士を代理人としてお金を借りた会社と交渉し、利息の全額カットや返済期間の延長といった条件で和解することを目的としている手続きです。

任意整理を利用すると、これから支払わなければならない利息が0円になり、返済期間を60回払い程度に延長してもらえるので、毎月の返済額も小さく抑えることができます

一方、おまとめローンは銀行や消費者金融などが金融商品として提案しているローンで、今借りているお金を一括ですべて返済できるだけのお金を借り、他の借金をすべて返済した後はおまとめローンだけを返済していくという形になります。

おまとめローンには利息カットなどの借金減額効果はありませんが、それまでの借金より金利が低ければ、毎月の返済額を減らせる可能性があります

任意整理とおまとめローンのデメリットを比較

任意整理では確実に借金を減らすことができますが、5年間ブラックリストに載ってクレジットカードの利用などの取引ができなくなるというデメリットがあります。

一方、おまとめローンの場合は金利が下がる可能性があるとはいえ利息が付くため、返済期間が長引くと支払う利息の総額は高くなるというデメリットがあります。

例えば、150万円の借金がある人が金利13%のおまとめローンを利用した場合、5年で返済した場合の返済総額は約205万円(利息約55万円)、8年で返済した場合の返済総額は約242万円(利息約92万円)にもなります。

おまとめローンを利用すると最終的な返済総額は増えてしまうことがあるという点は、よく注意しておくべきでしょう。

まとめ

任意整理は借金減額のための正式な手続きなので、利息を0円にしたり毎月の返済額を小さく抑えたりすることが確実にできますが、ブラックリストに載るというデメリットがあります。

一方、おまとめローンは借金の返済を一本化するための金融商品なので、利息が付くため返済期間が長くなると返済総額が高額になってしまうというデメリットがあります。

任意整理とおまとめローンで迷ったら、メリットとデメリットをよく比較して決めるといいでしょう。

任意整理のデメリットはたった2つ!解決方法も紹介

借金問題を解決する手段を探しているうちに任意整理について知った人にとって、任意整理にどのようなデメリットがあるのか、という点は気になるところでしょう。

任意整理の大きなデメリットは、ブラックリストに載って特定の取引に制限を受けることと、収入が少ないと任意整理自体ができないことの2つだけです。

任意整理最大のデメリットはブラックリストに載ること

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といったお金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」というところに任意整理の情報が登録されます。

この状態は一般的に「ブラックリストに載る」とよばれているのですが、ブラックリストに載るとクレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングなどでの借金、分割払いでモノを買うこと、借金の保証人になること、家を借りるときに信販系とよばれる保証会社を利用することができなくなります。

ただ、任意整理でブラックリストに載る期間は5で、この期間が過ぎればブラックリストは解除され、元のように取引ができるようになります。

ブラックリストに載っているときに最も不便なのはクレジットカードが使えないということだと思いますが、デビットカードやプリペイドカードを作っておくことで、不便さをかなり軽減することは可能です。

デビットカードは支払いをすると即座にお金が引き落とされるカード、プリペイドカードはSUICAWAONのようにあらかじめチャージしておいた金額の範囲内で支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBなどのブランドのものがあるので、クレジットカードと近い使用感で使うことができます。

収入が十分でないと任意整理できないというデメリットもある

任意整理をするには、利息なしの元本を60回程度の分割払いで返済していけるだけの収入が必要不可欠になります。

例えば、借金額が120万円の人なら、毎月2万円を返済に回せるだけの十分な収入を確保する必要があるということです。

なお、借金額が大きすぎたり、収入が十分でなかったりして任意整理ができないという人は、任意整理と同じく借金減額のための正式な手続きである「個人再生」や「自己破産」を検討することをおすすめします。

まとめ

任意整理をするとブラックリストに載ってクレジットカードの利用など一部の取引ができなくなるというデメリットがありますが、約5年でブラックリストは解除され、元のように取引ができるようになります。

また、元本を60で割った金額を毎月返済できるだけの収入が無い人は任意整理自体ができないというデメリットもあります。

任意整理とは?最も安く借金問題を解決できる債務整理の手続き

借金の返済ができなくて困っている人にぜひ知ってほしいのが、「任意整理」という手続きです。

ここでは、最も安く簡単にできる借金問題解決の手続きである「任意整理」とはどのようなものかを簡単にまとめていきます。

そもそも任意整理とは一体何?

任意整理とは、国が認めた借金問題解決のための正式な手続きの一つで、弁護士や司法書士に自分の代理人となってもらい、お金を借りた会社と交渉して利息の全額カット返済期間の延長(60回払い程度)といった条件で和解することを目的としています。

本人がやることになる手続き自体はとても簡単で、弁護士事務所や司法書士事務所に電話連絡して事前相談の予約をとり、相談の後で委任契約を結ぶだけです。

契約成立後は本人がしなければならないことは特になく、待っているだけで借金問題を解決できます。

任意整理で減らせる借金額とはどのくらい?

例えば、みずほ銀行から90万円、イオンカードから20万円、レイクから60万円の合計170万円を借金している人の場合、一般的な例だと利息を含めて毎月約61000を返済し続けることになり、最終的に返済する金額は総額221万円程度になります。

しかし、任意整理をすると利息の約51万円は全額カットしてもらうことができ、返済期間も延長してもらえるので、毎月の返済額は3万円以下まで抑えることが可能です。

任意整理では返済期間が60回払い程度になることが多いので、利息を含めない借金額を60で割った金額を毎月返済していくことができるようであれば、借金問題を任意整理で解決することが可能だというわけです。

任意整理のデメリットとは?

任意整理のデメリットとしては、「ブラックリストに載る」という点があげられます。

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録されるのですが、この状態を一般的に「ブラックリストに載る」といいます。

任意整理でブラックリストに載る期間は5年間で、この期間はクレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングなどでの借金、分割払いでモノを買うことなどができなくなります

こうした制限は、約5年が経過して信用情報機関から任意整理の情報が削除されれば解除され、元のように取引ができるようになります。

まとめ

任意整理とは、国に認められた正式な借金解決の手続きであり、弁護士や司法書士に依頼することで利息の全額カットや返済期間の延長を可能にしてくれます。

ただし、任意整理をするとブラックリストに載るため、クレジットカードの利用・作成など特定の取引ができなくなる制限を約5年間受けることになります。

千葉で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)に強い弁護士

任意整理の件数は年間どのくらい?選ばれる理由も解説

任意整理を検討している人の中には、「任意整理はどのくらいの件数があるのだろうか」というところが気になる人も少なからずいると思います。

任意整理は裁判所を通さないため、正確な件数を把握することはできませんが、一年間の件数が飛び抜けて多いと推測されている債務整理です。

ここでは、任意整理の件数に加えて、任意整理が選ばれる理由をまとめていきます。

任意整理の件数は年間300万件~500万件と推測されている

任意整理とは、弁護士や司法書士に自分の代理人となってお金を借りた会社と交渉してもらい、利息や遅延損害金を0円にしてもらったり、返済期間を60回払い程度の長期に設定してもらったりできる債務整理の手続きです。

任意整理は裁判所を通さずに行われる私的な交渉であるため、年間の件数がいくらという正確な数字は出ていません。

しかし、任意整理は最も簡単にできる債務整理で、デメリットも少ないことから、年間に300万人~500万人程度の人が利用していると考えられています。

なぜ任意整理の件数は債務整理の中で最も多いのか

債務整理には、任意整理の他に個人再生や自己破産といったものがありますが、任意整理が300万人以上の人に利用されていると推測されているのに比べて、自己破産をする人は約67000人、個人再生をする人は約8000人程度という統計が出ています。

なぜ任意整理の件数がこんなに多いのかという理由としては、任意整理が債務整理の中で最も手軽であることや、個人再生や自己破産と比べてデメリットが少ないことがあげられます。

任意整理の場合、弁護士や司法書士に依頼をした後は特に何もしなくてOKです。

また、個人再生や自己破産だと、家や車などの財産を処分しなければならなかったり、就業制限を受ける職業があったりしますが、任意整理のデメリットとしては、ブラックリストに載ってクレジットカードの利用や新規の借金、モノを買うときの分割払いといったことができなくなるという、どの債務整理でも共通のデメリットしかありません

まとめ

任意整理は自分の代理人である弁護士などと会社側とが任意で行う交渉となるため、正確な件数が把握されているわけではありませんが、年間の件数は約300万件~500万件と推測されています。

任意整理の件数が多い理由としては、最も手軽にできてデメリットも少ない債務整理であるという点があげられます。

三重県で債務整理のおすすめ弁護士法人

任意整理の利息カットでは経過利息も免除してもらえるの?

「任意整理をするとこれから支払う利息を全額カットしてもらえる」という話は、見聞きしたことのある人が多いと思います。

任意整理で利息を0円にしてもらえるというのは事実ですが、「これから支払う利息」には将来利息と経過利息という2種類の利息が関わってきます。

この記事では、任意整理でカットしてもらえる可能性がある将来利息と経過利息に付いて説明していきます。

任意整理でカットできる利息には将来利息と経過利息がある

任意整理でカットしてもらえる「これから支払う利息」には、「将来利息」と「経過利息」という2種類の利息があります。

将来利息とは、任意整理の交渉によって和解が成立し、手続きがすべて完了した後に発生する利息のことをいいます。

一方、経過利息とは、任意整理を始めて和解が成立するまでの、交渉を行っている期間に発生する利息のことをさします。

また、経過利息に遅延損害金を含めて考える場合もあります。

将来利息よりも経過利息のほうが任意整理の交渉が難しい

任意整理の場合、将来利息は全額カットしてもらえることがほとんどですが、経過利息のほうは減額してもらうのが難しいケースがあります

というのも、仮に会社側が任意整理を断って裁判に訴えた場合、裁判の中で和解をすると、「将来利息については支払わなくていいけれども経過利息や遅延損害金は支払うこと」という内容になることが多いからです。

任意整理で経過利息をカットしてもらえるか決まる要素

任意整理で経過利息をカットしてもらえるかについては、交渉相手となる会社がどこの会社かに加えて、交渉する弁護士の腕前にも左右されます。

さらに、長期間滞納を放置していて多額の遅延損害金が付いている場合は、遅延損害金や経過利息を全額カットしてもらうのが難しくなります。

この他にも、借入をしていた期間が3年以下などの短期である場合や、最後に返済してから長期間が経過している場合なども、経過利息のカットが難しくなります。

まとめ

任意整理でカットしてもらえる利息には、交渉終了後に発生する「将来利息」と、交渉中に発生する「経過利息」の2種類があります。

将来利息は全額カットしてもらえることが一般的ですが、経過利息については全額カットが難しいケースもあるので注意してください。

経過利息のカットが難しいケースとしては、滞納が長引いて多額の遅延損害金が発生している場合や、借入期間が短い場合、最後の返済日から長い期間が経っている場合などがあります。

任意整理で減額できる借金額を計算!返済額の簡単な計算方法も

任意整理をすると利息を0円にしてもらったうえで返済期間を60回払い程度の長期に延長してもらえるので、毎月の負担額を大きく減額することができます。

ここでは、任意整理をすると具体的には借金をどのくらい減額できるのかといった計算や、任意整理後の返済額を自分で計算する簡単な方法を説明します。

任意整理で借金はどのくらい減額できる?借金額ごとに計算

任意整理では、利息がいくらであっても0円にしてもらうことができます。また、返済期間が長期に設定されるため、毎月の返済額を小さく抑えることが可能です。

借金額が100万円の場合、毎月の返済額は5万円程度となり、返済総額は120万円程度となることが多いですが、任意整理をすると利息の20万円を0円にしてもらい、毎月の返済額を約17000円まで減額してもらうことが可能です。

借金額が200万円の場合、一般的な例でいうと毎月の返済額が7万円を超え、返済総額は約260万円になりますが、任意整理なら利息の約60万円を全額カットしたうえで、毎月の返済額を約33000円に減額してもらうことができます。

任意整理後の毎月の返済額を自分で計算する簡単な方法

任意整理では利息が全額カットされるため、返済する金額は元々借りた金額である元本のみとなります。

また、任意整理では返済期間は一般的に60回払い程度となるので、元本の金額を60で割ることで、毎月の返済額がいくらになるか計算することができます。

例えば、借金額が60万円の場合、毎月の返済額は1万円となります。同様に、借金額が120万円なら毎月の返済額は2万円、借金額が180万円なら毎月の返済額は3万円となります。

逆に、自分が毎月返済に充てられる金額に60をかけることで、任意整理できる金額の上限を計算することも可能です。

例えば、毎月15000円なら返済できるという人は、90万円の借金まで任意整理できます。毎月25000円なら返済に充てられるという人は、150万円の借金まで任意整理できるというわけです。

まとめ

任意整理では借金の利息を全額カットしてもらえますが、元本は長期の分割払いで全額支払うことになります。

つまり、任意整理で減額できるのは借金の利息部分全額ということになります。

任意整理後の毎月の返済額を計算するには、元本の金額を60で割ればOKです。

ちなみに、毎月返済に充てられる金額に60をかけることで、どのくらいの金額の借金まで任意整理できるかを計算することも可能です。

任意整理は結婚前に!3つのメリットを紹介

借金を抱えたままで結婚が決まった場合、その借金をどうするべきか悩んでしまう人も少なくありません。

そんなときに取れる方法の一つとして、任意整理があります。

任意整理とは、弁護士や司法書士に会社側と交渉してもらい、利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)を実現する債務整理の手続きです。

ここでは、結婚前に任意整理をする3つのメリットを紹介します。

結婚前に任意整理すれば結婚後の家計が楽になる

任意整理では利息を0円にしたうえで返済期間を延長できるので、毎月の返済の負担を大幅に軽くすることが可能です。

例えば、アイフルで50万円、三井住友銀行カードローンで40万円、イオンカードで10万円と、合わせて100万円を借金している人の場合、毎月5万円近く返済していて家計が苦しいという人も少なくありません。

ここで任意整理をすると、利息の約20万円を全額カットしてもらうことができ、元本は毎月約17000円ずつの返済でよくなりますので、家計への負担がかなり軽くなります。

結婚前に任意整理すれば借金問題を打ち明けやすくなる

結婚前なのに借金があるという人は、結婚相手に借金のことを打ち明けるべきか悩んでいるということも多いでしょう。

上述のように、任意整理をすると借金返済による家計への負担はかなり減らせるので、結婚相手に借金のことを打ち明けやすくなるのは確実です。

「借金はあるけれども、結婚前にきちんと任意整理で解決して、毎月の負担はそこまで大きくならないようにした」ということを伝えれば、結婚相手の心象もよくなるでしょう。

任意整理なら結婚後の生活に影響が出づらい

任意整理によるデメリットは、信用情報機関に情報が登録されていわゆるブラックリストに載るため、5年の間、クレジットカードが利用できない、新規に借金ができない、分割払いでモノが買えない、借金の保証人になれない、家を借りるときに信販系の保証会社が使いづらいくなる、というデメリットがあります。

しかし、逆に言うと任意整理にはこの5つしかデメリットがありません。自己破産のように財産を処分されることもないですし、職業上の制限を受けることもないのです。

まとめ

任意整理では利息を0円にしたうえで返済期間を60回払い程度の長期にしてもらえるので、返済による家計への負担をかなり軽くすることができます。

ですので、結婚前に任意整理をしてしまえば、結婚相手に借金のことを打ち明けても、心象をそこまで悪くせずに済むでしょう。

また、任意整理のデメリットはブラックリストによるいくつかの制限のみなので、結婚後の生活に影響が出づらいです。

携帯料金も任意整理できる!2つのポイントで解説

携帯料金の支払いが厳しくて家計が圧迫されている場合や、携帯料金を滞納してしまって遅延損害金が付いている場合は、携帯料金を任意整理することで、家計に余裕を取り戻すことができます。

ここでは、携帯料金の任意整理について、2つのポイントで解説していきます。

携帯料金は任意整理することができる

任意整理では利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)が可能ですが、携帯料金も任意整理で分割払いにしてもらったり、遅延損害金を0円にしてもらったりできます

携帯料金が払えないという人の中には、ゲーム内課金やネットショッピングのキャリア決済で支払いが高額になっている人も多いことでしょう。

例えば、携帯ゲームのガチャにはまってしまい、携帯料金として60万円の請求が来ているとします。

任意整理をすると支払いを60回払い程度の分割払いにしてもらえるので、この場合は毎月1万円ずつ支払えばOK、ということになります。

また、携帯料金を滞納してしまって遅延損害金がたくさんついている場合も、任意整理をすることで遅延損害金を全額カットしてもらうことが可能です。

携帯料金を任意整理すると携帯電話が使えなくなる

携帯料金を任意整理の対象にした場合、その携帯電話は使うことができなくなるので、その点には注意してください。

任意整理では、整理の対象に含める支払いや借金を自由に選ぶことができます。

携帯料金の支払いが苦しい理由が、「他社からの借金を返済しなければならないから」である場合は、他社の借金を任意整理して家計に余裕を作り、携帯料金を支払うといったことも可能なわけです。

携帯料金に未払いがあると携帯電話は使用できませんが、他社の借金を任意整理すれば携帯料金が払いきれる、という人は、携帯料金を対象に含めずに任意整理をするとよいでしょう。

まとめ

携帯料金の支払いが苦しい場合は、任意整理をすることで家計に余裕を取り戻すことができます。

ゲーム内課金やネットショッピングなどのキャリア決済も含め、携帯料金は任意整理で60回払い程度の分割払いにしてもらうことが可能です。

また、携帯料金を滞納してしまって多額の遅延損害金が付いている場合でも、任意整理をすれば遅延損害金を全額カットしてもらえます。

ただし、携帯料金を任意整理すると、その携帯電話は使えなくなります。

他社からの借金の返済が負担で携帯料金が払えない人は、携帯料金を対象から外して、他社の借金だけ任意整理するという手もあります。

任意整理後はクレジットカードの更新ができない

「任意整理をするとクレジットカードが使えなくなる」という話を見聞きしたことがある人の中には、「任意整理後も今持っているクレジットカードは更新できるのだろうか」という疑問を持っている人も少なからずいると思います。

結論から言うと、今持っているクレジットカードを任意整理後に更新することは難しいです。

ここでは、任意整理後にクレジットカードが更新できなくなる仕組みを説明した上で、クレジットカードの代わりとして使える2種類のカードを紹介します。

任意整理後にクレジットカードが更新できなくなる仕組み

任意整理をすると、カード会社などお金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」に「この人はカードの支払いができずに任意整理をした」という情報が登録されて、いわゆるブラックリストに載った状態になります。

信用情報機関に加盟している会社は、相手の支払能力や返済能力をチェックするためであれば、信用情報機関の情報を見ることができます。

そのため、任意整理の対象とした会社以外の会社であっても、いずれは任意整理の情報が伝わることになります。

カード会社も例外ではないので、クレジットカードの更新時に信用情報機関の情報が確認され、任意整理の情報があるため更新ができなくなる、という結果になる可能性が非常に高いです。

クレジットカードの更新ができない期間でも使える2種類のカード

任意整理の後は、今持っているクレジットカードが更新などのタイミングで使えなくなるので、クレジットカードの代わりに使えるデビットカードプリペイドカードを作っておくと非常に楽です。

デビットカードは支払いをするとすぐに口座から代金が引き落とされるカードで、プリペイドカードは事前にチャージしておいた金額の中から支払いができるカードです。

どちらも分割払いやリボ払いには対応していませんが、VISAJCBなどの有名ブランドのものがあるので、クレジットカードが更新できない期間に代わりとして使うと便利です。

まとめ

任意整理をすると、会社側からカード会社などが加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が伝えられます。

カード会社はクレジットカードの更新時などに信用情報機関の情報をチェックするので、任意整理の後はクレジットカードの更新ができなくなります。

クレジットカードの更新ができない期間は、デビットカードやプリペイドカードを作っておくと、クレジットカードの代わりに支払いができるので便利です。