任意整理後はクレジットカードが使えないって本当?

任意整理をしたいと考えている人の中には、「任意整理をするとクレジットカードが使えない」という情報を目にして、心配に思っている人も多くいると思います。

任意整理をするとクレジットカードが使えないというのは事実ですが、永久にクレジットカードが使えなくなるわけではなく、クレジットカードが使えない期間というのは決まっています。

また、クレジットカードが使えない期間も2つの対策をすればそこまで不便さを感じずに生活することができます。

任意整理後は約5年間クレジットカードが使えない

任意整理をすると、カード会社などが加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録され、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

ブラックリストに載っている間は、クレジットカードが使えないほか、新規で借金ができない、分割払いでモノが買えないなどの制限を受けます。

しかし、任意整理をすると永久にクレジットカードが使えないというわけではありません。

ブラックリストの期間というものは決まっていて、任意整理の場合は5が経過すると信用情報機関の情報が削除され、再びクレジットカードが使えるようになります。

任意整理後クレジットカードが使えない期間にできる2つの対策

任意整理後はクレジットカードが使えないので、公共料金やスマホ代などの毎月の支払いがクレジットカード払いのままになっていると、支払いが滞ってしまうことになります。

任意整理をすると決めたら、クレジットカード払いになっている支払いはコンビニ払いや口座引落などの支払方法に変更しておけばOKです。

また、任意整理後のクレジットカードが使えない期間でも、代わりとしてデビットカードやプリペイドカードを使うことは可能です。

デビットカードは支払いをすると即時で口座から代金が引き落とされるカードで、プリペイドカードは事前にチャージした金額の範囲内で支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBなどのブランドのものがあるので、クレジットカードと同じような感覚で使うことができます。

まとめ

任意整理をした後は信用情報機関に情報が登録されるため、約5年間クレジットカードが使えない状態になります。

クレジットカードが使えない期間は、クレジットカード払いになっていた支払いをコンビニ払いや口座引落に変更しておきましょう。

また、デビットカードやプリペイドカードを作っておけば、クレジットカードの代わりとしてインターネット上での支払いなどに使うことができます。

任意整理後にクレジットカードが作れるようになるまでの対策2つ

「任意整理をするとブラックリストに載り、クレジットカードが作れなくなる」という情報は、目にしたことがある人が多いでしょう。

任意整理をすると、カード会社などが加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録されて、クレジットカードが作れなくなります。これが、いわゆるブラックリストというものです。

この記事では、クレジットカードが作れない期間にできる2つの対策を紹介していきます。

任意整理後にクレジットカードが作れるようになるまでは支払方法に注意

任意整理後はクレジットカードが作れないだけでなく、今まで持っていたクレジットカードを使うこともできなくなります。

そのため、電気代や水道代などの公共料金、スマホ代やインターネットの利用料といった毎月の支払いがクレジットカード払いになっていると、任意整理後に支払いが滞ってしまう原因となります。

任意整理をすることに決めたら、クレジットカード払いにしている支払いは口座引落やコンビニ払いなどの支払方法に変更しておきましょう

任意整理後にクレジットカードの代わりとして作れる2つのカード

クレジットカードはインターネット上での支払いなどにも利用できるので、使えないとなると不便だという人は少なくないでしょう。

クレジットカードが作れない期間でも、代わりとしてデビットカードプリペイドカードという2種類のカードが作れるということはぜひ知ってほしいです。

デビットカードとは、支払いをするとすぐに口座から代金が引き落とされるタイプのカードです。

プリペイドカードとは、SUICAPASMOのようにあらかじめ現金をチャージしておくと、チャージした金額の範囲内で支払いができるカードです。

どちらも分割払いはできませんが、VISAJCBといった有名ブランドのものが発行されているなど、クレジットカードとあまり変わらない使用感で使うことができるので、ぜひ作ってみてください。

まとめ

任意整理後のクレジットカードが作れない期間は、持っていたクレジットカードを使うこともできないので、毎月の支払いをクレジットカード払いにしていた人は、口座引落やコンビニ払いなどに変更する必要があります。

また、クレジットカードが作れない間でも、支払いをすると即時で代金が引き落とされるデビットカードや、あらかじめチャージした金額の範囲内で支払いができるプリペイドカードを作っておけば、クレジットカードの代わりにインターネット上での支払いなどに使うことができます。

任意整理後の繰り上げ返済はメリットが少ない?

任意整理の手続きが終わって返済をしていく中で、宝くじに当たるなど思いがけない臨時収入があった場合、「借金を繰り上げ返済してしまおう」と考えることもあるかもしれません。

ここでは、任意整理した借金を繰り上げ返済することは可能なのかを説明したうえで、繰り上げ返済のメリット・デメリットについてまとめていきます。

任意整理後に繰り上げ返済をすることは可能

結論から言うと、任意整理した借金を繰り上げ返済することは可能です。

任意整理した借金には利息がつかないので、繰り上げ返済をしても支払総額は変わりません。

会社側からしてみると、返してもらえる金額が減ったりすることなく、予定より早くお金を返してもらえることになるので、断る理由がないのです。

任意整理後に繰り上げ返済するメリットとは?

通常の借金であれば必ず利息が付くため、繰り上げ返済をすることには、利息の金額を小さく抑えることができるという大きなメリットがあります。

しかし、任意整理では、お金を借りた会社との交渉を通じて、利息を0円にしてもらえることがほとんどです。

任意整理後の借金には利息がついていないので、繰り上げ返済をしても返済すべき金額は減りません

ただ、繰り上げ返済をすることで、借金から早く解放されるという精神的な安心感を得られるというメリットはあります。

任意整理後の繰り上げ返済にはデメリットもある

任意整理後に繰り上げ返済することのデメリットは、当然のことながらお金が減ってしまうということです。

ボーナスを繰り上げ返済に充てるなど、無理のない形の繰り上げ返済ならいいのですが、家計を圧迫するような繰り上げ返済をしてしまうと、せっかく任意整理をしたのに生活が苦しくなってしまうという矛盾した状況に陥ってしまうこともあります。

臨時収入を得て繰り上げ返済したいと思ったら、家計に十分な余裕があるか今一度考えてみたほうがよいでしょう。

まとめ

任意整理後の繰り上げ返済は、会社側からしてみるとデメリットが何もないので、断られることはありません。

ただし、任意整理後の借金には利息がついていないので、繰り上げ返済をしても返済総額が減るわけではありません。

その一方で、繰り上げ返済をすると手持ちのお金が減るというデメリットがありますので、繰り上げ返済はあくまでも家計を圧迫しない範囲で行うように心がけてください。

クレカ払いは任意整理できる!具体的な例を挙げて解説

クレカ払いは任意整理できる!具体的な例を挙げて解説

クレカ(クレジットカード)を使えば、一括払いでの買い物はもちろん、分割払いやリボ払いで買い物をすることもできます。

また、インターネット上での支払いに利用したり、クレカを使って直接現金を借りたりすることも可能です。

しかし、クレカは便利な一方で、使い過ぎて支払いができなくなってしまう人も少なからずいます。

この記事では、クレカの支払いが苦しくなってしまった人の強い味方である「任意整理」について紹介します。

任意整理すればクレカの支払いの負担を軽減できる

任意整理とは、法的に認められた借金を減らす手続きである「債務整理」の一つで、弁護士や司法書士に自分の代理人となってもらい、カード会社と交渉してもらって、利息・遅延損害金の全額カット返済期間の延長(60回払い程度)といったことを実現できます。

クレカには買い物やサービスの支払いに使える「ショッピング枠」と、直接現金を借りることができる「キャッシング枠」がありますが、どちらも任意整理することが可能です。

また、支払方法が分割払いリボ払いといった形になっていても、任意整理をすれば利息がカットできるので、それまでより支払いの負担がはるかに軽くなります。

クレカ払いを任意整理するとどのくらい負担が減るのか

それでは、実際にクレカ払いを任意整理した場合、どのくらい支払いの負担が減るのかシミュレーションしてみましょう。

例えば、三井住友カードのショッピング枠で60万円、エポスカードのショッピング枠で30万円、アプラスカードのキャッシング枠で20万円の、合計110万円をクレカで使っていたとします。

リボ払いなどの長期返済にしていると、毎月の支払額は4万円程度、支払総額は140万円を超える、といったケースが多いですが、任意整理すると30万円以上あった利息が全額カットされて0円になります。

また、60回払いの長期分割にしてもらえた場合、毎月の返済額は約18000円まで減らすことが可能です。

ちなみに、滞納していて遅延損害金が付いている場合も、遅延損害金を全額カットしてもらえることがほとんどです。

まとめ

クレカはショッピング枠・キャッシング枠の両方とも任意整理することが可能で、分割払いやリボ払いであっても任意整理で利息をカットしてもらうことができます。

また、返済期間を60回払い程度の長期に設定してもらえるので、毎月の返済額を抑えて返済の負担を軽くすることが可能です。

さらに、遅延損害金が付いていても全額カットしてもらえることがほとんどなので、滞納していて支払いができなかった人でも完済に近づくことができます。