債務整理の費用を後払いにするには?割安にする方法も!

借金の返済が苦しくて債務整理をしたいと思っている人は、お金の余裕がないことが多いと思います。

実は、債務整理の費用は後払いで無理なく支払うことができます。

また、「法テラス」を通して債務整理をすれば、費用を割安で立て替えてもらい、後払いにすることができます。

債務整理の費用を後払いにしてくれる法律事務所は多い

債務整理を専門としている弁護士事務所や司法書士事務所は、依頼主にお金がないことを理解しているので、費用を後払いにしてくれるところがたくさんあります。

また、法律事務所に債務整理を依頼すると、債務整理の開始を知らせる「受任通知」を送ってもらえます。

受任通知を受け取ったら督促をしてはいけないという決まりがあるので、債務整理が終わるまでは借金の返済が一時的にストップします。

その間に債務整理の費用を分割払いで支払うことができるので、後払いにしなくても大丈夫な場合も多いのです。

債務整理費の費用を分割払いにすると612回払いになるのが一般的ですが、それでも支払いが厳しい事情がある場合は、法律事務所側も柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

「法テラス」なら債務整理の費用を割安で後払いにできる

月収18万円以下・財産180万円以下の人であれば、国の法人である「法テラス」を利用することで、債務整理の費用を割安で後払いにしてもらえます。

法テラスとは、お金がない人も法的なサービスを受けられるようにすることを目的としている国の公的な法人で、借金で悩んでいる人には無料法律相談や債務整理費用の立て替えといったサービスを提供しています。

法テラスで債務整理の費用を立て替えてもらうと、普通に法律事務所へ依頼した時よりも費用を安く抑えることができます

その後、立て替えてもらった債務整理の費用を、毎月1万円ずつなど無理のない範囲の分割払いで支払っていくことになります。

法テラスを利用する場合、直接法テラスに債務整理を依頼すると弁護士を自分で選ぶことができません。

自分で選んだ弁護士に依頼したい場合は、法テラスに行く前に弁護事務所へ相談してください。

法テラスと契約している弁護士事務所であれば、その弁護士事務所に依頼しつつ法テラスに債務整理費用を立て替えてもらえるよう、手続きをとってくれます。

まとめ

法律事務所の中には、債務整理の費用を後払いにしてくれるところがたくさんあります。

また、債務整理の手続き中は受任通知の効果で督促が止まるので、その間に分割払いで費用を支払うこともできます。

それでもお金に不安がある場合は、法テラスを利用すれば、債務整理の費用を割安で立て替えてもらえます。

法テラスに直接債務整理を依頼すると弁護士を選べませんが、先に法律事務所へ相談してから法テラスを利用すれば、自分で選んだ弁護士に依頼しつつ費用の立て替えを受けられます。