債務整理の選び方とは?メリット・デメリットを踏まえて解説!

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があるので、「債務整理の選び方がわからない」という人は少なくないと思います。

債務整理の選び方としては、なるべく小さいデメリットで大きいメリットを受けられるように選ぶのがポイントです。

メリット・デメリットを踏まえた債務整理の選び方

債務整理を選ぶときは、まず最もデメリットが小さい任意整理ができるかどうかを確認します。

任意整理とは、利息や遅延損害金を0円にしたうえで、返済期間を60回払い程度に調整することで、毎月の負担を大幅に減らせる債務整理です。

任意整理は約5年間以下の5つの制限を受けるというデメリットしかなく、費用も個人再生や自己破産よりずっと安いので、最も利用する人が多くなっています。

・クレジットカードが使えない

・借金ができない(ローン、キャッシングなど)

・借金の保証人になれない

・分割払いができない

・信販系の家賃保証会社が利用しづらくなる

任意整理を選べるのは、元本を60で割った金額を毎月返済できる人です。

借金額が120万円なら毎月2万円、借金額が300万円なら毎月5万円を返済できれば、任意整理は十分可能です。

借金額が大きすぎて任意整理では厳しい場合、次は個人再生ができるかどうかを検討します。

個人再生は借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、35年で返済する債務整理ですが、個人再生をするには安定した収入が継続的に得られるという条件を満たしていなければなりません。

収入が足りなくて任意整理や個人再生ができない人は、自己破産を選ぶことになります。

自己破産は財産を処分する代わりに借金をなくしてもらえる債務整理ですが、99万円以下の現金と家具家電などの生活必需品は残せるので、一文無しにはなりません。

選び方を知らなくても債務整理はできる!

債務整理の選び方を簡単に説明すると上記のようになりますが、実は弁護士や司法書士に依頼するなら、債務整理の選び方を知らなくても問題なく借金を減らせます。

弁護士・司法書士は、本人の収入・借金額・その他の状況を把握できれば、どの債務整理をするべきか教えてくれます。

最適な債務整理を選んでもらうためには自分の状況を正確に伝えることが大切ですので、相談に行くときは通帳のコピー・給与明細・借金の取引明細といった資料を持っていくといいですよ。

まとめ

債務整理の選び方としては、まずデメリットの少ない任意整理ができるかどうかをチェックします。

借金額が大きすぎて任意整理できない場合は、元本を減額してもらえる個人再生を検討します。

個人再生は安定した十分な収入がなければできないので、厳しい人は自己破産をすることになります。

なお、債務整理の選び方がわからなくても、法律事務所へ相談に行けば教えてもらえるので大丈夫ですよ。

 

静岡で債務整理に強い司法書士はこちら