「お金ない!」債務整理の費用が払えない人はどうすればいい?

返しきれない借金で苦しんでいるのに、「お金ないから債務整理なんて無理だ」と思ってしまっていませんか?

実は、お金がない人は法テラスで債務整理の費用を立て替えてもらえば、割安で後払いの分割払いにすることができるのです。

また、もともと債務整理の費用はお金がない人でも払いやすいようになっています。

「債務整理したいけどお金ない!」そんな時は法テラスを利用しよう

法テラスとは、お金がない人も法的なサービスを受けられるようにすることを目的とした、国の公的な法人です。

法テラスでは、目安として月収18万円以下・財産180万円以下の人を対象として、無料法律相談や債務整理費用の立て替えといったサービスを提供しています。

※世帯の人数や住んでいる地域によって収入・財産の条件が変わります。

法テラスで債務整理費用を立て替えてもらえば、ふつうに法律事務所へ依頼した場合よりも費用が安く済み、立て替えてもらった費用は毎月1万円など無理のない範囲で後払いの分割払いにできます。

直接法テラスに債務整理を依頼すると弁護士は選べないですが、自分で選んだ弁護士に依頼したい場合は、「持ち込み方式」にする方法があります。

持ち込み方式とは、先に弁護士事務所へ相談に行き、弁護士事務所を通して法テラスの立て替えサービスを利用する方法のことです。

法テラスと契約している弁護士事務所であれば、「持ち込み方式で法テラスを利用したい」と伝えることで、手続きを取ってもらえるはずです。

債務整理の費用はお金がない人でも払いやすくなっている

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、お金を借りた会社に債務整理の開始を知らせる「受任通知」が送られます。

受任通知を受け取ったら債務整理が完了するまで督促をしてはいけないことになっているので、借金の返済が一時的にストップします。

その間に、債務整理の費用を分割払いで支払うことができるのです。

なお、分割払いは一般的に612回払いとなることが多いですが、支払いが厳しい事情がある場合は融通を聞かせてくれる法律事務所も多いので、一度相談してみることをおすすめします。

まとめ

債務整理をしたいけどお金がない人は、法テラスを利用して債務整理の費用を割安で立て替えてもらうという方法があります。

また、債務整理を弁護士事務所や司法書士に依頼すると、受任通知の効果で借金の返済が一時的に止まるので、その期間に分割払いで費用を支払うことができます。